Global Appeal 2022

Global Appeal Archive
2006-2021

2006年に開始されて以来、グローバル・アピールは様々な分野から影響力のあるパートナーの賛同を得て、ハンセン病回復者が直面するスティグマと差別を撤廃することを訴えてきました。

  1. 2021
  2. 2020
  3. 2019
  4. 2018
  5. 2017
  6. 2016
  7. 2015
  8. 2014
  9. 2013
  10. 2012
  11. 2011
  12. 2010
  13. 2009
  14. 2008
  15. 2007
  16. 2006
  1. 2021
  2. 2020
  3. 2019
  4. 2018
  5. 2017
  6. 2016
  7. 2015
  8. 2014
  9. 2013
  10. 2012
  11. 2011
  12. 2010
  13. 2009
  14. 2008
  15. 2007
  16. 2006

2021

テーマは「働く権利」。すべての働く人々の権利と利益を促進、擁護することを使命としている国際労働組合総連合(ITUC)と協力し、ハンセン病患者・回復者のスティグマをなくし、差別的な理由で働く権利が奪われることがないよう訴えました。

笹川陽平による開会の辞

宣言と署名

ゲストによる挨拶

承認組織:シャラン・バロウ氏、ITUC

テドロス・アダノム博士、WHO事務局長

ミシェル・バチェレ、国連人権高等弁務官

ThamiresTannousによる音楽パフォーマンス

2020

東京パラリンピック招致年である2020年にあわせ、共生社会の実現を目指す国際パラリンピック委員会(IPC)と共同で、第15回目となるグローバル・アピールを発表し、差別の撤廃と多様性を尊重することの重要性を訴えました。

笹川陽平による開会の辞

宣言と署名

2019

国際商業会議所(ICC)と共に、ハンセン病回復者を含む全ての人が、スティグマや差別に阻まれることなく自らの力を発揮し、尊厳をもって働ける社会の実現を呼びかけました。

笹川陽平による開会の辞

宣言と署名

2018

推定3万から4万人が、ハンセン病に関連する何らかの障害を抱えて生活しています。 このアピールを支援した組織であるDisabledPeoples'Internationalは、あらゆる種類の障害者に門戸を開いています。 DPIは、ハンセン病の影響を受けた人々と協力して、ハンセン病の認識を高め、社会的包摂という共通の目標を追求するために、より大きな社会参加を提唱することを約束しました。

笹川陽平による開会の辞

宣言と署名

イベントプログラムとビデオメッセージ

2017

国と地域の国会が加盟する列国議会同盟(IPU)と共に、ハンセン病の当事者も政治的な議論や決定に参画する権利を持つこと、ハンセン病当事者を含む全ての人たちにとって平等な社会づくりを推進することを訴えました。

笹川陽平による開会の辞

宣言と署名

イベントレポート(日本語のみ)

2016

グローバル・アピール宣言式典では、18~40歳の青年が所属する国際青年会議所が世界120カ国に有するネットワークを通じて「ハンセン病を理由とする差別が不当であること」を訴え、こうした差別と闘い、「ハンセン病患者らが他の人と同等の機会を得ることができる社会の実現を目指す」と世界に向けて呼びかけました。

笹川陽平による開会の辞

宣言と署名

イベントレポート(日本語のみ)

2015

看護師は世界最大の医療専門家グループを形成し、心身の苦痛を軽減し、偏見なくすべての人々の健康を促進することに取り組んでいます。 したがって、ハンセン病の影響を受けた人に対する差別をなくすというこの訴えに対する国際看護師協会の支援は非常に重要でした。

笹川陽平による開会の辞

宣言と署名

イベントレポート(日本語のみ)

2014

39カ国の国家人権団体がこの訴えを支持した。 ハンセン病は病気であるだけでなく、人権の問題でもあるため、ハンセン病の影響を受けた人々が直面する差別をなくすための戦いにおいて、人権団体は不可欠なパートナーです。

笹川陽平による開会の辞

宣言と署名

2013

国際法曹協会および各国・地域の法曹協会の賛同を得て、署名、宣言されました。宣言にはハンセン病に関する差別的な法律や、規則などの廃止を呼びかけるメッセージも盛り込まれています。これはハンセン病患者や回復者のためであると同時に、私たち一人ひとりが、知らず知らずのうちに彼らを傷つけていることに気づかなければいけないという、二重の意味をもったメッセージでもあるのです。

笹川陽平による開会の辞

宣言と署名

2012

世界医師会のメンバーによって承認されたこの訴えは、ハンセン病についての基本的な事実を示し、ハンセン病の人を隔離する理由はないことを強調しました。 WMAのメンバーは、ハンセン病の影響を受けた人々が直面する差別の撤廃を呼びかけ、「薬物はハンセン病を治すことができますが、それが引き付ける差別を終わらせることができるのは、国民の意識を高めることだけです」と述べました。

笹川陽平による開会の辞

宣言と署名

2011

このアピールのために、世界をリードする100以上の大学の長は、スティグマに挑戦する手段として、またハンセン病の影響を受けた人々が社会が直面している社会的および経済的障壁を克服する力を与える方法として、教育の重要性を確認しました。

笹川陽平による開会の辞

宣言と署名

2010

このアピールは、ビジネスコミュニティにサポートを求めました。 top Toyota Motor Corp.、Virgin Group、Tata Group、Renault、Novartisなどのグローバル企業が署名を付けています。 ハンセン病の影響を受けた人々が教育、訓練、仕事の機会を持つことを保証することは、社会統合と経済的エンパワーメントの原則を支持する署名者とともに、自立を構築するための鍵です。

笹川陽平による開会の辞

宣言と署名

2009

この訴えは、世界の宗教的信仰の17人の代表者によって署名されました。 宗教は人々の信念を形作る上で大きな役割を果たしているので、ハンセン病の影響を受けた人は通常の生活を送る権利があり、私たち全員が社会的癒しのプロセスの一部でなければならないという明確なメッセージを出すために信仰の指導者が一緒になります。非常に重要です。

笹川陽平による開会の辞

宣言と署名

2008

60年は、世界人権宣言からXNUMX周年を迎える年であることから、アムネスティ・インターナショナルや、セーブ・ザ・チルドレンなど、世界的な人権NGOの賛同を得て署名、宣言が行われました。

笹川陽平による開会の辞

宣言と署名

2007

フィリピン、インド、アメリカ、日本など、世界13カ国から集まったハンセン病回復者の代表により、署名、宣言されました。スティグマと差別を撤廃するために、当事者である回復者自身が声をあげたという事実は、世界に対して強いインパクトを与えました。

笹川陽平による開会の辞

宣言と署名

2006

記念すべき第14回のグローバル・アピールは、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマXNUMX世、ジミー・カーター元米国大統領、デズモンド・ツツ大司教など、ノーベル平和賞受賞者を含む世界のリーダーたちによって、署名、宣言されました。宣言文では、国連人権委員会に対し、差別撤廃のための基本原則、ガイドライン作成を求めるとともに、世界中の人たちに、みずからの認識を変えていくよう訴えかけました。

笹川陽平による開会の辞

宣言と署名